自動車の見積書契約書項目を知る

くるまを購入するときに、見積もりを提示していただいたり、契約書を締結すると思いますが、1つひとつの項目って細かく把握していますか?担当した営業マンから、すべての項目の説明ありましたか?そもそも、何十万、何百万という高額商品の買い物ですから、丁寧に説明をして欲しいものですが、実際はどうでしょうか。

正直。。。。。そんなことないですよね?見積書(契約書)に記載される各項目の説明をしていきますので、みなさんの参考になればと思います。1つひとつかかる項目をチェックしていくと節約効果がありますよ。

また、交渉術として紹介していますので、そちらのページも参考に。

関係諸税等

自動車税

毎年、4月1日時点での自動車の所有者に課せられる税金です。種類や用途、排気量などにより金額が決定されます。年度の途中で車を購入した場合、月割り計算で課せられます。

重量税

新規登録や車検の際に、車検有効期間分を先行してまとめて支払う税金です。金額は車両の重さにより違います。軽自動車は一律定額です。

取得税

売買などで自動車(購入価格が50万円以上)を取得した者に課せられる税金です。新車と中古車で金額(税率)が変わります。また、低公害車(ハイブリットカーや電気自動車など)は税率や税額が軽減されることがあります。障がい者や災害被災者は申請により、減免されることがあります。

責任賠償保険(自賠責保険)

事故被害者救済のために法律で加入が義務付けられている損害保険。加入しなかった場合、罰金や免許違反点数が付加されたり、車検が受けれなかったりするなどの処罰が下されます。

民間の保険会社や協同組合で加入ができます。※どちらの保険会社で加入しても保険料は同じです。

リサイクル料

自動車を廃車するときに廃棄物の削減と資源の有効利用を目的とする資金として、自動車を購入したときに支払います。乗っていた愛車を中古車として自動車を手放すとき(下取りや買い取り時)には、リサイクル料は所有者に返却されます。リサイクル料の譲渡の譲渡の仕組み

出典:自動車リサイクル促進センター

手数料

登録(届出)手続代行費用

ナンバープレートを取得するために検査登録(届出)を購入先販売店に代行してもらうための費用です。手続き自体が面倒なので、ほとんどの方が販売店にお願いすると思いますが、自分で行えば費用を支払う必要はありません。節約が可能な費用です。

また、定められた金額がなく、販売店が任意で決めているので金額も購入先によって左右されます。

車庫証明手続代行費用

自動車を購入する際、必ず車庫証明を取得する必要があります。その手続きを購入先販売店に代行してもらうための費用です。車庫証明の取得は意外と簡単です。もちろん、自分で行えば費用を支払う必要はありません。節約が可能な費用です。

また、定められた金額がなく、販売店が任意で決めているので、金額も購入先によって左右されます。

OSS申請費用

自動車に関する手続きや納付がインターネット上でおこなえるようになりました。「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)」と言います。販売店がこのOSSシステムを利用して手続きや納付をおこなう場合は、このような項目名称で手数料の計上していることがあります。

納車費用

販売店によって、定義がいろいろとあるようですが、節約できる要素が大いにある費用です。納車をするための準備(ナンバー取り付け、ガソリン補充、など)と説明されるかと思いますが、内容をよくよく聞いてください。不要な商品が盛り込まれていたり、ピンとこないサービスを説明されたりしませんか?ガソリン補充は仕方ないとはいえ、ナンバー取り付けや装備の動作確認なんて当たり前!って話でしょう。「不要です!」と言えば、間違いなく節約できる費用です。もちろん、ナンバーも付いた状態で、装備の動作確認もした状態で納車されるでしょう。それが売る側の義務ですから。。。

査定料

下取車がある場合、その車を販売店が買い取る価格を査定するための手数料です。自動車査定士という資格を持った従業員さんが、その価格を査定してくれます。もちろん、下取車がない場合は、必要ありません。

下取車手続代行費用

下取車がある場合、その車の名義変更等をしなければなりません。その手続代行手数料として支払う費用です。もちろん、下取車がない場合は、支払う必要はありません。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事